カテゴリ:旅( 15 )

ハノイ@ベトナム旅行記 2


a0213386_23562174.jpg

ハロン湾から戻ったその晩はガイドさんに教えてもらった
地元っこ人気のお店に行ってみました。
注文したのは揚げ春巻きと




a0213386_23563834.jpg

鶏肉のフォー






a0213386_23565013.jpg

豚肉のっけご飯。

クルーズ船で食べたランチがとても残念なものだったから普通に美味しい。
やっとベトナム食を堪能しました。








a0213386_02024.jpg

こちらはハノイのつけ麺ブンチャ。
席に着くとどーーん





a0213386_022273.jpg

どーーん





a0213386_024224.jpg

どーーんとお皿が次々とテーブル上に出てくる。






a0213386_03583.jpg

豚肉だんご入りのスープに、ライスヌードルをつけて食べます。
香草も山盛り状態でテーブル上にあるから好きなだけ入れて。
もちろん食べきれないボリューム。





a0213386_032343.jpg

美味しいブンチャに大満足。
お店は旧市街にあるダックキム。







ここまでは地元っこが通う店巡りが続いたので次はレストランに行ってみようと言う事で
オーラックハウスでランチコースを頂きました。


a0213386_035253.jpg

シーフードのフライ





a0213386_04182.jpg

グリーンマンゴーサラダ






a0213386_044863.jpg

焼き茄子にピーナッツソースがかかったもの






a0213386_05770.jpg

牛肉の黒胡椒ソース





a0213386_052460.jpg

サーモンのソイビーンソース





a0213386_0681.jpg

炒めご飯





a0213386_054225.jpg

フルーツ盛り






a0213386_073553.jpg


実はこの日は朝から不調で・・・
始めのうちは美味しく頂いてたけど、中盤から箸も進まない状態に。
今回の旅では食あたりにならぬよう散々気をつけてたにも関わらず
どうやら水あたりになった模様でして。。。
日中暑いから、カフェで冷たい飲み物ばかり注文してたのが原因みたい。








a0213386_065166.jpg

たかが水あたり、されど水あたりでして
ホーチミンと違い街のあちこちに(衛生面で)観光客が入れそうなカフェが
圧倒的に少ないからトイレを探すのも一苦労。
食欲も一気に落ち、その後はホテル近くのカフェでフォーを食べたりするぐらい。

行きたい店リストの半分にも行けなかった今回のハノイ旅行も時間切れで終了。
ちーーん。
こんな感じでハノイ旅行記は終了です。




        ***

今日は1本撮影した後、夜便で韓国入りします。
仕事で韓国ロケ。
弾丸スケジュールにならない事を願いつつ。
[PR]

by saisainet | 2012-06-20 01:40 |

ハノイ@ベトナム旅行記 1

4月に行ったハノイ旅行記をさくっとアップします。

特にプランも無く旅立ちましたが散々迷った挙げ句、
現地で日帰りツアーを申し込んでみました。
なので翌朝早起きしてまずはバッチャン村へ向かいました。

a0213386_21275237.jpg






a0213386_212810100.jpg

只今絵付け中。






a0213386_21282848.jpg








a0213386_21284363.jpg

バッチャン村はハノイの中心部から車で30〜40分のところあり
それぞれ家族ごとに焼き物を作ってます。






a0213386_2128555.jpg

さらにバスで移動して、違う家族のお店にお邪魔しました。
この花柄の焼き物がなかなかかわいいので自分用に購入。





バッチャン村を後にして、途中休憩をとりながら世界遺産のハロン湾に移動。

a0213386_21291434.jpg

快晴ではなかったけれど晴れてくれたのでひと安心。
港からクルーズ船に乗って出航。






a0213386_21293572.jpg







a0213386_21312872.jpg

途中、水上生活をしている家族のところに立ち寄り






a0213386_2132094.jpg

その場で生け簀の中の魚介類を買うと、クルーズ船の調理場で調理してくれる。
この移動中にランチをとりました。





a0213386_2133449.jpg

ハロン湾のなかの1つの島で下船して







a0213386_21333672.jpg

ティエン・クン鍾乳洞を散策。







a0213386_21335045.jpg



ここから湾に戻り、バスでハノイ中心部に戻りました。
途中休憩はあるものの、バスに揺られる事片道5時間ほど。
道路事情もかなーり悪いので、途中からお尻が悲鳴をあげている。
ちょっと・・・懲りました。






a0213386_21345824.jpg

そして翌日からは街散策。






a0213386_21355755.jpg







a0213386_21361455.jpg

ハノイ大教会。





a0213386_21363175.jpg







a0213386_21364893.jpg

こんな路地の中にもかわいい発見があったり。






a0213386_2137418.jpg

乾物や






a0213386_21372199.jpg

山積みされたライスヌードル。






a0213386_21373666.jpg

カラフルなカゴバック。
この後、ラフィア椰子という植物の葉を加工した
天然素材で出来てるバックを物色してたら
店先に座ってたおばあちゃんに奥の薄暗いところに強引に連れて行かれ・・・
そこは倉庫になってて沢山のバックが山積み状態。
お土産も含め、沢山買ってちょっぴりオマケしてもらいました。





a0213386_21383494.jpg

公園のベンチで。
なぜか同じ体勢で寝てる二人。






a0213386_2139342.jpg

夕暮れの大劇場(ハノイ・オペラハオス)







a0213386_21394240.jpg

街の中心にあるホアンキエム湖。






a0213386_21395775.jpg

ホム市場界隈。






a0213386_21402564.jpg

生活感がある市場散策は楽しい。






a0213386_21404414.jpg

まさに豆腐。







a0213386_2141089.jpg








a0213386_21411814.jpg

歩道での肉の炭焼きは当たり前の光景。
道中もくもく。






a0213386_21413624.jpg

通りの名称は分からないけど、
ホム市場近くのこの界隈の露天商は特にかわいい雰囲気を醸し出してる。
フィガロのハノイ特集にも載ってた場所。
偶然通りかかりました。





a0213386_21415658.jpg






a0213386_23551387.jpg






a0213386_21421932.jpg







a0213386_21424348.jpg

大都市のホーチミンと比べると多々不便さを感じてしまうけど
ホーチミンとはまた違ったこの街の雰囲気も人々もなかなか魅力的なものです。
[PR]

by saisainet | 2012-06-17 23:59 |

ベトナム・ホーチミンの旅3


$料理の道具箱


ドンコイ通りから脇道に入ったところにあるフエ料理のお店で
フエスタイルのヌードルを注文。
牛肉、豚肉、ポークソーセージが入ってるもの。




料理の道具箱


オニオンとパクチーは別皿に盛られ




料理の道具箱


たっぷりかけて頂きます。




$料理の道具箱


バンブーサラダ。
海老や牛肉、タケノコやパクチーを混ぜたサラダ。





料理の道具箱


海老の生春巻き。




料理の道具箱


料理を注文すると必ず提供される海老せん。
これだけ食べてても美味しい。




続いては・・・

料理の道具箱


シーフードサラダ。




料理の道具箱


揚げ春巻き。





料理の道具箱


シーフードバーベキュー、ジンジャーソース。





料理の道具箱


鶏肉のフォー。





$料理の道具箱


魚介の春雨炒め。




$料理の道具箱


本日のデザート、さつま芋とお米の温かいチェー。
甘いなかに隠し味の塩味がきいてて美味しい。



$料理の道具箱


頂いたのはこちらのベトナムハウスにて。




さて、街歩きの休憩はカフェでベトナムコーヒーを頼む事が多いけど
こちらも忘れてはいけません!

$料理の道具箱


ココナッツシントー。




料理の道具箱


激うま。
スムージーのようにドロっとした濃厚なジュースです。





料理の道具箱


そしてココナッツジュース。
自然な甘さで、ごくごく飲めます。





$料理の道具箱


長いスプーンで、果実をほじくって食べるもよし。
道ばたでも売り歩いてるから、喉が渇いた時は即買いです。




そしてホテル付近で見つけたバーベキューガーデン。

料理の道具箱


入口でメニューを見てたら、『ここ、美味しいよ〜』って欧米人に声掛けられ、
つられて入ってしまいました。




$料理の道具箱


フライと鶏のグリルの盛り合わせ。




料理の道具箱


野菜たっぷり、シーフードサラダ。



料理の道具箱


バナナの葉に包まった炊込みご飯。
ボリュームありすぎて食べきれず・・・



料理の道具箱


牛肉とシーフードのバーベキュー盛り合わせ。
もう、お腹一杯。


味は『まぁ、こんなものね。。』って感じのお店でした。





料理の道具箱


そして中庭に面したこちらのお店には




料理の道具箱


遅い昼食に伺いました。




料理の道具箱


蟹の春雨炒め。




料理の道具箱


揚げ春巻き。
どこに行っても注文してしまう(笑)




料理の道具箱


骨付き鶏もも肉のベトナムカレー。



料理の道具箱


ごろごろジャガイモや玉ねぎ、オクラなどが入ったヌクマム風味のカレー。
そしてカレーには米ではなく、フランスパンがついてくる。

これ、美味しい。
でもちょっと甘いな。。

自分で作る時は甘さ調整が必要ね。






料理の道具箱


夕方になると土砂降りの雨がざーっと降ってたホーチミン。
黄昏時の景色が何ともいえずキレイ。




料理の道具箱


滞在中は夕方からspa通い。
3時間半ほどくつろぎ、spaを出る頃には雨も上がってる。




料理の道具箱


なので、タクシーを使わず夜の街を散策しながら帰るパターン。




途中、デパートに寄ってウィンドショッピングしたり、
本屋さんや食材屋さんを覗き、
カフェによってまったりしたり・・・

料理の道具箱


ホテルに戻る前に寄るのはフォー24。
場所によっては、深夜まで営業してるから助かります。




$料理の道具箱


野菜を好きなだけ盛って頂きます。
これでハーフサイズ。充分満足できます。

物足りない時は、ここに揚げ春巻きを追加してました。
デザートのチェーがいつも品切れだったのが残念!




料理の道具箱


こちらはニューランで買ったバインミー。




料理の道具箱


ベトナムハムやレバーペースト、野菜のナムルが、
ふかふかのフランスパンにたっぷり挟まってる。

食べ応えある美味しい食事パン。




さて、今回でホーチミンの旅記事は終わりとなります。
(書いてる先からまた行きたくなってしまう。。)

$料理の道具箱


次回来る時は、どんな発見があるんだろう。
今から楽しみです。
[PR]

by saisainet | 2011-02-14 09:42 |

ベトナム・ホーチミンの旅2

料理の道具箱


街歩きをしてるとよく見かける天秤棒を担いだ人。
道ばたでお店を広げてて、覗くと美味しそうなものもちらほら。
蓋をあけて作り立ての豆腐花を見せられた時、
おもわず買っちゃいそうになりました。
(旅行中の食事、かなり注意を払ってます。なのに見事あたりましたが・・)




料理の道具箱


アイス屋さん。



料理の道具箱


道ばたに座り込み将棋みたいなものをしている。
脚付き台を囲んで本格的にやってる人達もよく見かける。
みんな夢中。




料理の道具箱


骨董街をふらふらと。




料理の道具箱






料理の道具箱






料理の道具箱


ビニールの中はたくさんの茹でトウモロコシ。




料理の道具箱


日本では高い香草もたっぷり。



料理の道具箱





料理の道具箱


建物のデザインもCRAZY。



料理の道具箱





料理の道具箱





料理の道具箱


ぶらぶら歩いてると至る所で市場に出会す。




料理の道具箱


地元の人達の生活感漂う市場を覗くのが大好き。




料理の道具箱






料理の道具箱


こちらはお米屋さん。




料理の道具箱


量り売りしてます。




料理の道具箱


屋台の袖には使われた食器類。




料理の道具箱


豆腐と厚揚げ。





料理の道具箱


バインミー(ベトナムのサンドイッチ)に使われるフランスパン。




料理の道具箱


ケースの中は甘い菓子パンもたくさん並んでる。




料理の道具箱


こちらも屋台特有の小さくて低いテーブルとイス。
このイスは市場でも沢山売っている。
重ねられるし軽いから屋台には便利もの。




料理の道具箱


お昼時、街の食堂は沢山の人で溢れてる。



料理の道具箱


ここで食べたいものを選んで




料理の道具箱


ご飯と一緒に頂く。





料理の道具箱


バインミーで有名なニューラン。





料理の道具箱


作っては並べられるハム&レバーのバインミーは、地元の人達に次々買われていく。
ケースの向こう側で、お店の人達が忙しそうに作ってます。




料理の道具箱


こちらはビーフのバインミー。
削ぎ切りしたビーフと野菜のナムルをサンドしている。

ベトナムのフランスパンはフランスのとは違い、外はパリパリ中はフカフカ。
食感も軽く、とても美味しい。
例えると、ドトールのミラノサンドに使われてるフランスパンって感じです。




$料理の道具箱


建築中の高層ビル。
前回来た時は、こんな高いビル建ってなかったのになー。
フランス統治時代の建物、醸し出す街の雰囲気が大好きだから
ちょっと寂しくなってしまいます。




料理の道具箱


ホーチミンは地下鉄工事も始まり、
ハノイ〜ホーチミン間の新幹線計画もあるベトナム。
地下鉄ができれば街を走るバイクもタクシーも減るだろうってベトナム人ティムさんが話してたけど・・・利便性と引き換えに失うものも多いよね。

数年後、また来た時、街の風景も更に変わってるんでしょうね。




料理の道具箱


そしてこちらはベトナムコーヒー。
コンデンスミルク入りの甘くて濃いコーヒー。

毎日毎日飲んでたけど・・・相当甘くてヤバいので、
コンデンスミルク少なめで作ってもらってました(それでも甘い。。)


次回は食べ物編をアップします。




  
[PR]

by saisainet | 2011-02-06 09:39 |

ベトナム・ホーチミンの旅1

更新遅くなりましたがベトナム旅行記、さくさくアップしていきます。


 
                  ***

新年明けて行ったホーチミンでも、ハッピーニューイヤー的なイルミネーションで街もきらきら。

料理の道具箱


人民委員会庁舎。



料理の道具箱


ライトアップされたホーチミン像。



料理の道具箱





料理の道具箱


ドンコイ通りもこのとおり。
表参道なんて目じゃない勢い。すごいな。。




料理の道具箱


夕食を済ませ、ホテル前まで戻ってみると更に凄い事に。




料理の道具箱


それじゃなくても通りを横断するのに一苦労するこの街で
車とバイクの大渋滞。
バイク、2人乗り3人乗りなんて当たり前。
ぐるぐる街中をただ走ってるだけみたい。
さすがベトナム、街も人も勢いを感じます。



今回の旅、実はハノイ&ホイアン行きを計画してたんだけど
申し込むのが遅かったので航空券がとれず・・・(泣)
なので行き先変更したホーチミン滞在はゆったり街歩き&食べ歩きの旅にしました。

$料理の道具箱


ベンタン市場前のバスターミナルからこの01番バスに乗って終点チョロンまでお買い物。




料理の道具箱


バスの中はほとんど地元の人。
我々以外は欧米人のバックパッカー1組のみ。
車内は結構大音響で音楽が流れてる。




料理の道具箱


チョロンのバスターミナル前は、露天で大賑わい。
バスが通るギリギリのところまでパラソルを開いて商売してる。



料理の道具箱


終点のチョロンに到着。




料理の道具箱


まずはビンタン市場へ。




料理の道具箱


ベンタン市場に比べると規模は小さいけれど値段は割安。





料理の道具箱


付近にはチャイナタウンがあるから、チャイナ色が強い。
どの国に行ってもチャイナタウンが形成されてる事を思うと
中国人パワーを改めて痛感。。




料理の道具箱


目的のチートゥへ。
店頭に吊るしてるプラスチックバックが目印。

ここはプラスチックの紐で編んだカゴバックのお店。
市場で買い出しする地元の人達も、このバックに大量に荷物を詰め込んで
バイクに乗せて走ってる。
見かけ以上に、かなり丈夫に出来てるバック。

中に入って好みのものを物色。
かわいい柄がありすぎてなかなか決められない。




料理の道具箱


結局、無難な単色ものを大量ゲット。
これのほとんどがお土産。




$料理の道具箱


さて今回のホーチミン、前回来た時と比べると街のあちこちで工事してまして、、
歴史を感じる建物を取り壊し、マンション&テナントビルをあちこちで建築中。
ベトナムという国自体がものすごい勢いで急成長しつつある様子が伺える。



料理の道具箱


聖マリア教会。



料理の道具箱


市民劇場前。
あちこちで新郎新婦を見かけます。
今ベトナムは結婚ラッシュだそうです。
国民の平均年齢も27歳って、すごく若い。




料理の道具箱


中央郵便局。
1891年フランス人建築家により建造された郵便局。



料理の道具箱






料理の道具箱






$料理の道具箱






料理の道具箱


街歩き。




料理の道具箱


バナナの露天。





料理の道具箱


カゴ売りの自転車。
どうやって移動してるのかな?




料理の道具箱






料理の道具箱







料理の道具箱


ベンタン市場。





料理の道具箱


市場内の屋台。





料理の道具箱


果物も豊富。




料理の道具箱


魚の干物。




そして雨上がりの市民劇場。

料理の道具箱


夕方から夜にかけて夕立のような結構激しい雨がほぼ毎日降ってたホーチミン。
滞在中、ちょっと贅沢して夜はspaへフェイシャル&ボディマッサージ通い。
spaを出ると(21時頃)、たいてい雨が上がってました。
雨上がりの街は逆にバイクも人も少なく、散策し易かったです。
[PR]

by saisainet | 2011-02-04 22:37 |

信州蕎麦巡り 其の弐


$料理の道具箱


ホテルにチェックイン後善光寺へ向かいました。



$料理の道具箱


境内に向かって歩いてると



$料理の道具箱


お蕎麦屋さんがあちこちあり
気になるこちらのお店で



料理の道具箱


とろろ蕎麦をいただいたら



料理の道具箱


想像してたより美味しかったり。
店内のお客さん、地元の方が多いみたい。




$料理の道具箱

 かどの大丸


創業300余年だそうで。歴史あります。



$料理の道具箱


先に進むと、仁王門が見えてきた。




$料理の道具箱


両脇に仁王像が立つ門をくぐると



$料理の道具箱


仲見世通りは人で賑わってて



$料理の道具箱


ついつい信州名物おやきを買い食いしてると



料理の道具箱


山門(重要文化財)に着きました。
大きい。



料理の道具箱


『善光寺』の額の中、鳩が5羽隠れてるの、判ります?
あと、『善』の文字、牛の顔してます。



料理の道具箱


山門をくぐると本堂に到着。



料理の道具箱

 
すごい迫力。

子供の頃、林間学校で来た善光寺。
その当時、大きいお寺だなって記憶があったけど
今見ても充分大きいお寺です。


ぼちぼち帰り始めると
家人、見かけたお蕎麦やに入りたいと所望。
(おいおい、食べ過ぎ。)

$料理の道具箱


山門近くのお蕎麦やさん、
蕎麦がめちゃめちゃ手切り風。



$料理の道具箱


うーむ、お味は至って普通。



この後、歩いて長野駅まで散策。
駅前でゆっくりお茶してたらすっかり遅くなり
目当てのお蕎麦屋さん、閉店してました・・・orz・・・

料理の道具箱


ホテル近くで辛うじて開いてたお蕎麦屋さんで
地鶏のせいろ蕎麦と



料理の道具箱


くるみ蕎麦を頂きました。




$料理の道具箱
THE SAIHOKUKAN HOTEL

日もどっぷり暮れたし、ホテルに戻り。




$料理の道具箱


ここ、犀北館は、かなり歴史あるホテルで




料理の道具箱


ダイニングバー『SEIJI』の壁面には




料理の道具箱


東郷青児、中川紀元が制作したステンドグラスが現存しています。
カウンターのお客さんの邪魔にならぬよう、斜めからパチリ。



1日目は終了。
朝昼晩、ほとんど蕎麦尽くめとなりました。
翌日は、松本に移動です。



 
[PR]

by saisainet | 2010-08-10 09:31 |

信州蕎麦巡り 其の壱


今更ですが、、、お盆休み前に5月G.W休みの旅の事など、
ざっくりご紹介させていただきます。(遅くなりスミマセヌ)


 
                 ***

旅先は信州。
長野は善光寺近くのホテルも予約でき、朝5時、自宅を出発。
渋滞にもあわず思ったより早く着きそうだったから
上田菅平I.Cで高速を降りることに。

I.Cからしばらく走り、上田城跡へ。

$料理の道具箱


駐車場から見た櫓。




$料理の道具箱

上田城跡公園





$料理の道具箱


上田城跡といっても天守閣などは残ってません。
小高い公園になったところが本丸跡の名残のようです。




$料理の道具箱


城を築き城下町を造った、真田父子を主神とする真田神社。





$料理の道具箱


酒樽茶室。
内部はちゃんと畳敷きになってます。



$料理の道具箱

真田井戸




$料理の道具箱


ざっくり廻った後、次の目的地へ歩いて移動。




料理の道具箱


なまこ壁の土蔵が現れ、いい雰囲気に。



料理の道具箱


ここは、北国街道




料理の道具箱


柳町通りの




料理の道具箱


町並み。



料理の道具箱


ああ、素敵すぎ。




$料理の道具箱


こちらは、渋谷は富ヶ谷にある



$料理の道具箱


天然酵母で有名なパン屋さん



$料理の道具箱

ルヴァンの信州上田店




$料理の道具箱


信州で古民家とルヴァンのパン、見事に融合してます。
さすがだね。




$料理の道具箱

保命水





$料理の道具箱


水量のある冷たい湧き水が流れてる。



ここでお待ちかねのお昼ごはん。

$料理の道具箱


今回の旅の目的、蕎麦や巡りの1件め。




$料理の道具箱

手打百藝おお西




$料理の道具箱





$料理の道具箱


注文した発芽そばがき。



$料理の道具箱


わさび醤油をつけていただきます。
食感はかなりもっちりしています。
が、普段食べつけないので、そばがきの善し悪しは判らず。。




$料理の道具箱


お店おすすめの発芽そば。




$料理の道具箱


個人的にはこの発芽そば、かなり美味しい。
蕎麦の風味もあり、食感もちもち、食べ応えあり。
お値段はちょっと高めの¥1575。
でも食べる価値あり。

信州蕎麦、レベル高しです。



満足なお昼ごはんを終え、次は善光寺へ。
[PR]

by saisainet | 2010-08-09 08:26 |

飛騨高山・白川郷・金沢の旅 3


さて、武家屋敷を後にして兼六園へ。

料理の道具箱




料理の道具箱



こちらは雁行橋。



料理の道具箱



これは上部にある池から管を引き
池の水圧で自然に噴き上がる、日本最古といわれる噴水。



料理の道具箱




料理の道具箱




素晴らしい庭園をざっくり見て廻り、感じた事は・・・
(庭園を愛で楽しめる感性が身に付く年齢に達した時再訪しよう)

はて?
そんな感性が一体全体身に付くのやら。。。




続いて金沢城へ。



料理の道具箱


こちらは石川門口。


料理の道具箱




料理の道具箱


立派な石垣。


料理の道具箱



料理の道具箱


城内は本丸も二の丸も全く残っていませんでした。
ガイドさんに聞いたところ本丸は落雷による火災で全焼し、その後の度重なる火災でほとんど消失してしまったとの事。
残念な事ですね。。
逆に現在残ってる日本のお城がいかに貴重かという事が伺い知れます。




さて。
この時点で13:30だったのでランチタイム。
ガイドブックで選んでた加賀麩の専門店へ。


料理の道具箱



暖簾をくぐると・・・本日はご予約でいっぱいですって!
がーーーん。
ここからランチを巡って大わらわ。
どうしても加賀料理が食べたいからピックアップしてた店から店へと
街中を猛スピードで自転車走らせるオマヌケぶり・・・
ランチタイムが終わってしまうーー。


はい、すべて撃沈でした。
しょんぼり自転車をこぎ昨夜行った近江町市場へ。
しかしここもお寿司やさんは大行列。


隣接する商業ビルのレストラン街をのぞくと
郷土料理が食べられるところを発見。


$料理の道具箱


はい、こちらが頂いた地(じわ)もん御膳。
ご飯、お味噌汁、お漬け物の膳がもう1つ付きます。



料理の道具箱


これが食べたかった鴨の治部煮。
はい、美味しゅうございました。


料理の道具箱


加賀野菜、金時草(きんじそう)とカニの酢の物。
奥にあるのは加賀野菜の天ぷら。



料理の道具箱


加賀蓮根の蓮蒸し。
蒸した蓮根がモチモチしてます。



料理の道具箱


中には海老が入ってます。


食べたかった鴨の治部煮が頂けたのでとりあえず満足。
しかし・・・
旅は計画性をもって、ランチは事前に予約してと思い知らされた1日となりました。



この後、昨晩行ったひがし茶屋街へ。


料理の道具箱


ここは国指定重要文化財の志摩。
江戸時代に建てられたお茶屋造りだそうです。





料理の道具箱



料理の道具箱


夜とはまた違った景色を楽しめました。



さて、時間もそろそろなくなってきたので
後ろ髪を引かれつつホテルに戻りました。。。
その前にこちらに寄って鰊の飴だきや昆布巻き、鰹節を買い
加賀麩不室屋に戻り、おやつ麩や宝の麩、手毬麩などを買い込み
デパチカで大根寿しも忘れずに調達。
(欲しかったかぶら寿しは冬の商品だそうなのでこちらで我慢)


ハードで楽しく、そして教訓となった旅でした。
[PR]

by saisainet | 2009-09-28 08:22 |

飛騨高山・白川郷・金沢の旅 2

正午近く、飛騨高山を出て世界文化遺産の白川郷へ。
くねくね曲がった山道を下って行くと突然合掌作りの集落が現れました。
車をパーキングに停めて散策開始。

料理の道具箱


料理の道具箱



料理の道具箱



料理の道具箱


実物を見るのが初めてだった白川郷。
写真や映像で見るより素晴らしく、感動的でした。
更に町住民の手によって保存され後世へと受け継がれ、現在も集落として生活している方々がいるんですね。

散策後合掌作りのカフェでお茶した後、今晩の宿泊地、金沢へ出発です。





20:00頃ホテルに着き、レンタルサイクルで出発。
どうしても夜景を見たかったひがし茶屋街へ。


料理の道具箱


途中小雨が降って街もしっとり濡れて
なかなか風情があってこれまた宜しい。



料理の道具箱


料理の道具箱


お店やカフェはすでに閉店後だったけど
ライティング効果を使った見せ方は素晴らしいですね。



さて。
小腹も空いてきたので晩ご飯を食べに行く事に。
向かった先は近江町市場。

料理の道具箱


こちらは海鮮丼(たしか)


$料理の道具箱


ワタシはミニ海鮮丼。


こちらのお刺身の切り身って東京で食べるそれより分厚い。
なんとも贅沢なお刺身の食べ方です。


この晩はホテルに戻り温泉に浸かってご就寝。



               ***
翌日はホテルのレンタルサイクルで移動です。
まずは長町武家屋敷跡へ。



料理の道具箱


こちらは加賀藩重臣だった野村家の屋敷跡。


料理の道具箱


こちらの庭園の美しさは有名だそうです。


料理の道具箱



料理の道具箱




料理の道具箱





そして兼六園へ向かいますが
ここでしばし休憩。
[PR]

by saisainet | 2009-09-27 09:03 |

飛騨高山・白川郷・金沢の旅 1


シルバーウイークを利用して訪れた、飛騨高山〜白川郷〜金沢の旅の様子をざっくりアップします。

当日3:30出発、松本経由で飛騨高山についたのが9:00前。
早速パーキングに車を停めて町散策。


$料理の道具箱



$料理の道具箱


すぐにいわきを発見。
こちらはわらび餅専門店。
自宅&お土産にお買い上げ。


料理の道具箱


まずは陣屋前朝市へ。


料理の道具箱


野菜や果物、味噌、民芸品などの露天が並んでます。
漬け物や果物など試食させてもらえます。


$料理の道具箱


みたらし団子の屋台を発見。
醤油味で香ばしい。


$料理の道具箱



さらに町を散策。


$料理の道具箱




$料理の道具箱


いたる所で売ってる飛騨牛コロッケ。
ちょっとお肉少なめだけど、揚げたてで美味しい。


$料理の道具箱



こちらは見事な町家建築で知られる古島家住宅。
入り口に下がってる杉玉が酒造業を営んでいた目印だそう。


$料理の道具箱


一通り町家建築を廻った後宮川朝市へ。
気になったので買ってみたおわら玉天。



$料理の道具箱



これはメレンゲのお菓子ですね。



料理の道具箱


そして飛騨牛にぎりのお店も。



$料理の道具箱



注文後、目の前で炙ってくれます。



料理の道具箱


他にも何店かタレで提供してるお店も見かけたけど
こちらは炙って塩で提供してるにぎり。



ここまでで、かなりのつまみ食い。
途中寄ったSAで山菜蕎麦も食べてたから、すでにお腹も7〜8分目。
しかし来たからには飛騨牛を食べねば!という事でガイドブックで見つけたお店へ向かうとすでに行列。
オープンは11:30、現時刻10:50。
ランチにはまだ早すぎる時刻。
この後更に移動する事も考え、来た道を引き返してるとお客さんがたくさん入ってるお店を発見。


吸い込まれるように入ってしまい
そこで注文したものは・・・


料理の道具箱


こてこてのガーリックライス。
バター醤油のたれがかかったご飯がB級グルメ的でこれまた美味しい。



$料理の道具箱


最後はこちら。


$料理の道具箱


飛騨牛の串焼きを食べてお腹もいっぱい。

もう満足とパーキングに向かう途中
まだ歩いてない通りを見つけ覗いてみると。。


料理の道具箱


見・つ・け・た。
とらや発見。



料理の道具箱



草まんじゅう&栗かのこを購入。
どちらもほどよい甘さで美味しい。



料理の道具箱



さて。
次の目的地、白川郷に向かって出発です。
[PR]

by saisainet | 2009-09-26 09:16 |